お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院から病院へ

<<   作成日時 : 2010/06/09 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は33wの検診でした☆
赤ちゃんは2000g超えてなかったあー
おしいとこで推定体重1978gでした!
2週間で400g増しかぁー。
でも、私の体重は800g増し。。。。
残り400gはどこについたお肉だ。。。
こわっ。

でーでーでー、何もなかったら普通分娩できそうだよと言われました
あくまで「予定」やけん緊急の事態とか、直前でまた逆子になったりとかで変わる可能性はあるけど。
それは誰にでもあることで^^
ずーっと帝王切開しかないんだと思ってたから、素直に嬉しかった。

4か月のころに今の病院に変わったけど、変わってよかったって思います。

妊娠初期は肌の調子もボロボロで精神的にももっともっと不安定で
とにかく一番近い病院!って言っても徒歩35分くらいのところなんだけど・・・
そこの個人病院が一番近く、電車に乗らなくても行ける唯一の病院だったので、
場所のことだけ考えてそこに通ってました。

1回目の受診で妊娠が確定して、2回目でもお「帝王切開」と言われました。
理由は私が小さいときにしてた大きな病気があって、
もう小学生以来発作はおきていないんだけど、
分娩中に発作がおきてしまう可能性もあるから。
ってゆーのと、鬱の薬をずっと飲んでいて、そのせいで陣痛がおきにくい可能性があるから。
ってことでした。
頭では、リスクを考えると仕方ない選択だな、ってわかっても、
はじめての妊娠でまだ初期のころにいきなりそう言われると、泣いてしまいましたー。
ショックっていうよりも、不安や怖さかなあ。。。
先生も、ぶっきらぼうな感じでこちらの質問に答えてくれないし、
何もわからないので、余計に不安が増してました。。

検診に行くと、おなかにゼリーを塗ってエコーをするんだけど、
皮膚が炎症おこしまくりのジュクジュクのボロボロだった当時は
そのゼリーが痛い痛いで涙こらえるのに必死。
したら「は?こんなんで痛いの。そりゃやっぱり帝王切開やないと無理やな」とか
「あの・・・もう性別わかりますか?」って聞いたときには
「(お腹に)針刺せばわかるけど??」ってぶっきらぼうな答えだったりとか
なんか・・とにかく私もたくさん不安なのとアトピーでいっぱいいっぱいだったなかで
よけいに不安が増すばっかで、いつも検診から泣いて帰ってました。。

自分のアレルゲンでハウスダストの数値が高かったから、
病院の中や入院する部屋がホコリっぽいのも「アトピーがますます悪化するんじゃないか」って
不安だったし、帝王切開の心配に加えてアトピー悪化の心配、
先生とコミュニケーションを全然とれない不安、
自分の身をこの病院にまかせることがとにかく不安で泣いてました

で、あるときその不安を先生に言いました。
「もし、入院中にアトピーがすごくひどくなったり、鬱でパニックになったりしたときって、フォローしてくださいますか??」
そしたら、「そんなんフォローなんてできひんわ。ここは産院やから。そんなことになったらほかの病院に行ってもらうしかないわな」
って言われて、仕方ないのかなーと思いつつも、もっとほかに言い方ないのかなー。。。とか
自分の身体どうなるんやろう。。っていう不安で病院を変わることに決めました。

総合病院は冷たいって聞いていたけど、冷たくても
皮膚科や精神科が併設されてたら、なんかあったときにすぐにフォローしてもらえるだろうと思って
総合病院を探すことに決めました。

まだ肌が痛くって集中力もなくゆっくりPCの前に座れたりができなかったので
調べるのもめっちゃ時間かかってしまって・・・
1か月くらい経ってようやく目ぼしい総合病院をみつけ、電車に乗って行ってみました。
でも、入院受け付けをしてるのは10月以降の出産予定の妊婦さんたちで、
7月が予定の私は「ちょっと難しいです」と言われてしまった。
でも、事情を話して粘ってみたら、
「原則は10月以降の予定日の方ですけど、もし今通われている産院の主治医さんからウチの産科の医師に直接お電話などでご相談いただいて、紹介状も書いていただけるなら可能性はあります」
と言っていただき、「可能性はあるんだ!」と思って
ふたたびもとの個人病院に出向いてカウンターのお姉さんに説明、
「先生から相談していただけるとありがたいので、その旨を日を改めてもかまわないので直接お願いしたいのですが」と言うと、
「ちょっと待ってください」と先生に聞きに言ってくれたものの、
「そういうこと(総合病院の医師に電話で相談)はできないと言っております」
「でも、こちらの病院では鬱やアトピーに関して何もできないといわれて不安なんです。もし先生から相談していただけたら、とても助かるんです」
「電話とかは、ちょっと無理ですね」
「私から先生に、お願いできないでしょうか」
「無理なものは無理なので」
で玉砕・・・・・。
先生さえ電話してくれたら、もしかしたら入院を受け入れてもらえたかもしれないのに。。。
とりあえず、紹介状だけでも。。。とお願いをするとそれは書いてもらえるとのこと。

2日後以降に取りにきてくださいと言われたので、
3日後に取りに行ったら、「ちょっとお待ちくださいね」と1時間くらい待たされる・・
たぶんまだ書いていなかった様子。。

それを持ってまた総合病院へ。
「いまの主治医からこちらの先生への電話は難しいと言われてしまいました。でも紹介状はもらいました」
でも、やっぱり先生から先生への電話がないと入院受け入れは無理とのこと・・・
しかも「紹介状にも、当院宛てというのが書かれていないですし・・・」
「えっ!?」
紹介状お願いするとき、○●病院あて、ってちゃんと言ったよ。
カウンターのお姉さんもわかりましたって言ってくれたよ。
なのに先生宛名書いてくれてないみたい。
なんのための紹介状??

けっきょく、そこの病院では受け入れてもらうことができませんでした。
ただ、同じ系列の総合病院を紹介してくださって、
ちょっと遠いんだけどそこで受け入れてくださることになりました。

それが今の病院です。

はじめて行ったときに、ふつうに質問とかできて、こたえてくれて、
会話になるからビックリした。
前の病院では先生が一方的にしゃべっておわり、
こっちが質問しようとしてもたたみかけられて聞けないような状況だったので。
「ここはおっきい病院だから、何かあっても対応しますから、安心してくださいね」
って言われた時は、泣いてしまったあー。
今までのような不安で泣いたんじゃなく、感激して。。。
はじめての出産ってだけでも不安なんやから、
ほかの不安要素や心配事はできるだけ最小限にしたかったし、
ここの病院なら精神科も皮膚科もあって、先生や看護師さんともちゃんと会話になって、
もし帝王切開になっても、何になっても、前の病院よりは安心だな。。と思いました。

帝王切開の覚悟はしはじめてたけど、
きのーそんなわけで「普通分娩でいけると思う」と言われてやっぱ嬉しいです
たぶん前の病院やったら、そんな可能性はなかったと思う。
もちろんリスクだらけやのに無理に普通分娩するのは危険度が増すだけやし、
そういうことをしたいんじゃない。
ただ可能性が増えたことが嬉しい。

でも、前の病院のことネットで見てたら
評判がやばかった
まじ怖くなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
その産院は最低だね(>_<)
今時そんな病院があるなんて驚き!
病院移って正解だよ。メンタルな面が一番大切だと思うから。良い病院が見つかって、ホントに良かったね(^O^)
えにゅっぽりん
2010/06/10 23:02
この文章で伝わりましたか!
嘘か本当かわかりませんが、出産中にハプニングが起こって大きい病院に妊婦さんや赤ちゃんが運ばれると、受け入れ先の病院で「また○○病院からだ…」と囁かれているとか、ダークな噂もネットに流れてました(-o-;)転院してから知ったんですけど。
もしそれがでたらめだったとしても、その病院では不安がいっぱいのままだったと思うので、本当に変わって良かったと思います。
ありがとうございます\(^ー^)/
みま
2010/06/11 11:16
いろいろ大変だったのですね〜・・・。
陣痛が起きにくい可能性があるのかぁ〜と、
まだまだ先のことですが、ちょっと勉強になりました。
私、歯医者で毎回のように不安発作?起こしてるあたり、すでにヤバいなと・・・(;∇;)/~~

推定体重はあくまでも推定ですから、ね☆
私の友達の子供は、推定で言われてたよりもだいぶ体重があって、先生もびっくりしてたらしいです!(笑)
ふじゆ
2010/06/11 20:55
大変やったよぉ(笑)
まだ安定期に入ってなかったし体調も精神状態も切羽詰まってるなかで病院さがすのは……(ToT)
薬と陣痛の件は詳しいことはよくわからないから気になるなら先生に聞いてみてね!ふじゆと私じゃ多分飲んでる薬の種類も異なると思うし。

不安発作は精神的なものからくるのかな??
お産のときにできるだけ安心していられるように環境をつくってみるといいかもね(・∪・)ノ
家族や良い助産師さんについててもらえたり、出産前の精神状態がよかったりしたら、いいね(^_^)v
みま
2010/06/12 09:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
病院から病院へ お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる