お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ステロイドを使わずに湿疹を治したい。

<<   作成日時 : 2010/12/15 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

生後2ヶ月ころから少しずつ出来始めた子どもの乳児湿疹。
生後5ヶ月を迎えた現在ではますます悪化する一方です。

「自分のアトピーが遺伝したんだ」とかなり落ち込みました。

脱ステ・脱保湿をしている自分の経験をふまえると
出来るだけ自然に治るのを待ちたい。
自然にほおっておいても、乳幼児期が終わればきっとよくなっていくと信じたい。

ですがますます荒れる一方で
病院へいくたび小児科からステロイドを勧められる。
断り続けていても、何度も勧められる。
形成外科の先生にまで薬を塗ったほうがいいと言われるし
入院していた時の同じ病室だったお母さんにも同じようなことを言われたり。

自分でもどうすればいいのか分からなくなっていて
きのう、主人と脚を伸ばして
脱ステで有名な阪南中央病院の皮膚科へ行ってきました。

総合病院でありながらも皮膚科はたった一人の先生の診療。
佐藤健二先生という方です。

佐藤先生監修のmixiコミュニティを参考に脱保湿すると
脱ステだけしてもなかなか改善されなかったアトピーがずいぶん良くなった経験が私にはあるので
「基本的に何もしないのがよい」という佐藤先生の考え方に賛同するところがありました。


きのう家を出たのは朝9時。
12時前に阪南中央病院へ着き、
診てもらえたのは17時くらいだったかな?
家に帰ったら21時をまわっていました。

ですが他県から来られる方もたくさんいるようです。
同じ大阪府下に住んでいて気軽に受診できることをありがたく思います。
私も自殺を考えるくらい脱ステのリバウンド地獄だったときに
何度もここへ入院しようかと思ったものでしたが
痒みで集中力が保てず、病院のことをよく調べることすらままならず
入院するに必要な行動力を出せませんでした。
今、子どものために受診できる身体になってよかったと思います。。

さて、受診して言われた内容は次の通り。
・入浴を1週間に2回程度に減らす。
・基本的に石鹸は使わない。
・おしりだけは毎日洗ってもよい。
・子どもの湿疹を気にしない。
・心配そうな目で見つめない。
・よく遊んで痒みをわすれさせてやる。
・掻くのは止めない。(眼球だけ掻かないよう気をつける)
・頭皮の脂漏性湿疹は何もしなくてもそのうちはがれる。
・早く剥がしたいならオリーブオイルでふやかすと良い。
・保湿によって痒みが軽減されることはある。
・消炎鎮痛剤を使う必要はなく、プロペトでよい。
・プロペトは身体だけでなく頭皮の脂漏性湿疹にも塗ってよい。
・頭皮に塗ると剥がれるのが遅くなるがそんなの気にしなくてよい。
・お湯で頭皮を洗う際はこすらなくてよい。
・長期間の使用でなければ、プロペトは塗って構わない。
・ステロイドを使う必要はない。
・アトピーかどうかは分からない。
・ミルクの濃度を10パーセントだけ上げる。
・離乳食はもうはじめてもよいくらい。
・皮膚屑が落ちるとタンパクが失われる。

それぞれ理由は割愛しますが、
このような感じでした。

とりあえずこれでやってみたいと思います。
でも、ステロイドを使わない治療法は即効性がない。
基本的に自然に治すことになるので
ほおっておいたら今よりも悪化する時期も出てきそうです。
顔全体が真っ赤に腫れあがる可能性もある、
顔全体から浸出液が出てジュクジュクになる可能性もある。
(今も額はジュクジュクです)
そうなったときに「治るのを待とう」とおおらかな心で耐えられるか。
子どもが掻いているのをみても止めさせず、
血と汁の出るままに見守ることができるか。

今はそれは想像するだけで過酷です。

自分が汁まみれになった時、そうとうつらかったから
子どもの同じ姿を見るのはキツイです。

ステロイドを使わなければ2歳くらいまでにはきれいになる。
という佐藤先生の言葉を信じて
やっていきたいと思います。。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
親友。
アクセスレポートを見ていると、「アトピー」や「鬱」「脱ステ」「カポジ」などで検索して以下の記事を参照してくれている方がたくさんいらっしゃるようです。かなり過去の記事ではありますが、読んでいただき非常に有り難く思います。 このブログはもともと大学時代に「ダンス」「お芝居」などで受けた刺激や経験を書き残すためにはじめたもので、まさか「脱ステ」「鬱」を経験するとは思ってもみなかったし「育児」に関して書く日が来るとも想像していませんでした。うれしいことに現在になってまた軽くではありますがダンスや... ...続きを見る
お ぼ ろ 月 の 楽 屋
2012/10/04 00:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ミマさんがお子さんを思う気持ちが伝わってきました。
中でも『心配そうな目で見ない』というのは腑に落ちます。良い先生に会えて良かったね(^O^)
えにゅっぽりん
2010/12/15 21:55
そうですね。眼瞼下垂や口唇裂もあって、ただですら他人にじっと観察するように見られることが多い上に、湿疹となると更にその目は子どもに貼りついてしまうでしょう。
せめて親くらいは観察するような目線は避け、ニコニコしてたいと思います。
もう結構いろいろなことを敏感に感じているので、子どもを安心させてあげたいです。
mima
2010/12/16 09:09
眼球をかかないように、ってことは、眼球までかいちゃうくらいかゆいってことなんですよね。
蚊にさされたらつねって痛みでかゆさを忘れたりするけれど。それってかゆいよりは痛いほうがいいってことで、だから痒さって本当に辛いんだと思います。
お母さんが同じ経験を持ってるって、子供は心強いですね。
hana
2010/12/17 20:16
赤ちゃんは掻き方を知らないから、目の周りを掻こうとして眼球をガリッといっちゃうかもってことかなあ。手元のコントロールが大胆やからね^^;あ、でも花粉が飛んでるときなんか、目の表面が痒く感じるから、眼球までかゆくなることもあるかも。
痒さってホント我慢が難しい感覚やからねえ。
ありがとうねぇhanaさん***
mima
2010/12/17 22:35
お久しぶりです。わかりますよ〜!!自分が辛さをわかってる分子供には間違った治療はしたくない、どんなことしても良くなってほしいって気持ちわかります。

うちの子は私のアトピーは遺伝しませんでしたが、気管支系が弱く できるだけ発作を起こさせないように、喘息にならないように気を付けています。小さいうちから、薬を使った治療が良いという人もいるけど、アレルギー関係は必ずしも薬が良いとは 限らないですし、良い先生に出会うのも大事なんですよね。
ちゅみ
2010/12/20 10:10
ちゅみさん☆おひさしぶりです!!
そうなんですよ〜〜自分が脱ステで苦しんだので、子どもには脱ステをさせたくないんですよねぇ。つまり、そもそもステを使わなければ脱ステの必要もないので・・・。

ぜんそくも苦しいですね。
アレルギー関係を診る医者はごまんといるけれど相性、能力、考え方がマッチする先生は一握りなのかもしれないですね。
mima
2010/12/21 09:55
こんにちわ、シカオです。
お子さん心配ですね。先日私の子供も近所の小児科でパッチテストを受けてきました。今は、塗るときに嫌がりますが、プロペトを塗っています。
私もステロイドを使っているので、子供には同じようにはなって欲しくない気持ちよくわかります。
ちなみに、母乳を飲ませたのは最初だけでその後はミルクを飲ませています。
阪南病院は初めて聞きました。羽曳野のアレルギーセンターには何度か行ったことがあります。
良いクリスマスをお過ごしください。
シカオ
2010/12/23 14:51
シカオ様^^ふたたびのご訪問+コメントをありがとうございます!
パッチテストでのアレルギー検査なのですね!かかりつけの病院は血液検査で、年明けに行う予定です。阪南の先生にはアトピーと食物アレルギーは別物だし、値が高くても必ず反応するとは限らないから、アレルギー検査なんてしなくていいと言われましたが、もうやるって言ってしまっているので^^;
ミルクを替えたりも試しているのですが改善はないですねえ。ですが自然によくなるという言葉を信じてやっていきたいと思います。
プロペトは長期使用しなければ大丈夫のようですね!うちの子も処方してもらいました。
子どものいるクリスマスは楽しいですね^^
mima
2010/12/25 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ステロイドを使わずに湿疹を治したい。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる