お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 療育施設での2年間。

<<   作成日時 : 2015/03/17 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もうすぐ息子は2年間を過ごした療育施設を退園する。
4月からは地域の保育園で2年を過ごす予定で、そのあと就学となる。

定型発達のお友達がほとんどの中で過ごすということで、子どもにとっては新しい環境なのだけど
親の私はなるようになる〜と気楽に構えてるつもりなようで心の底では不安なんだろうか〜、最近よく悪夢を見る・・・。
はやく慣れて、この時期を終えたい〜
・・また就学で悩みに悩むんだろうけど^^;

今は退園+入園に向けての準備でバタバタ。
毎月の母親の参加日と訓練に加えて、退園前最後の個人懇談や
園での整形診察、小児神経診察。
在園中最後のST訓練。
そして、保育園の椅子は息子にはやや大きいため、
きちんとした姿勢が維持できるようにするための調整などもしてきた〜。
お風呂マットをカッターでぎりぎりと切り、けっこー手が痛いっ。

昨日の午前中は息子の普段の様子を
看護師を含めた保育園の先生3人が見学しに来られた。
療育施設を退園して保育園へ行く子は毎年たくさんいるが
(今年は20人以上?)
この手厚い引き継ぎ……本当に本当にありがたい。



2年前に療育施設に入園したときは、正直 子どものことよりも自分のことでいっぱいいっぱい。
子どもが皆の中でうまくやれるか?なんて心配をするよりも、自分がやれるか?の心配(; ̄ー ̄A
なんせまだ脱ステリバウンドも酷かった時期で、床に座れんし、ちょっと暖かくなると外歩けんし、、、身体中の皮膚が痛い…
そんなんで参加日、訓練、行けるのか?っていう心配。
実際、行ってもしんどくて途中で帰ってしまったり、どうしても行けず休むことも結構あった。
冬以外は外も楽に歩けんかったから、タクシーも沢山使って園と行き来。
他のお母さんと話す機会がせっかくあっても、身体がしんどすぎて、頭働かない。。。。…とにかくずっと皮膚が痛い!
行き帰りのバスは座席がビニール素材で、蒸れて 痒みに何度発狂しそうになったことか…。
45分とても座っていられず、苦痛でしかたない…

そんな親の状況なんて関係なく、息子はほんとに伸びた。
楽しそうだった。成長した。

今年度に入ると私の身体は この五年間では奇跡的なぐらい体調がよく、やっと参加日などの活動や訓練も楽しんで参加できるようになった。
燃えるような痒みがないのでお母さんたちや先生との会話もしやすく、園にいくことも苦痛じゃなくなった。
頭が働くようになると、先生たちの素晴らしさや 親として訓練的要素をどう生活面に取り入れていくべきかなど、気付きが沢山出てきた。
それを家で実践したりして、吸収しようしようと柔軟な子どもの姿があることを知り、息子へ目的を持って接することが楽しくなった。
(まぁ、イライラすることもあるけど三( ゜∀゜))

入園当初、クラスで新入園児は息子だけだった。
そんな子どもをクラスのみんなが受け入れてくれてほんとにありがたかった。


息子を園に入れるまでの2年半はすごく長くて、園に入ってからの2年はすごく短かった。
園に入れるまでの2年半では、「なんか成長止まっとるなぁ。。このままかなぁ。。」と思ってた時期も一年間ぐらい?あったから、余計長く感じた。
入園してからの2年は 常に成長、成長の連続で・・・・ 記憶にとどめられないようなこともあったり、勿体なく感じるほど。
成長は必ずしもいい面だけでなく、悪いほうに出ることもある。
でも 全体として、明るく楽しく、息子らしさを維持したままいい感じで伸びてくれた。

これからもそれなりでいい。出来ることが増えたら勿論嬉しいけど、なかなか増えなくても、一番大切なことを軸に、楽しく生きていってくれるんが一番。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
療育施設での2年間。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる