お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月の言語の発達。

<<   作成日時 : 2015/10/02 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

保育園に入って半年が経つんやけど
信じられないくらい息子は伸びて、
入園前どんなんやったっけ?
どれくらいの発語あったっけ?
いつからこんな事言い始めたんやっけ?
と、案外わからなくなるもんで。

なんでちょっと記録しておこうかなと。

9月の言語面で目立った変化は
・「ありがとー」を、「ありおー」と言っていたのが、「ありあおー」になった(「が」が入った)
・話しかける時、いままでの「あのなー」に加えて「あのさー」がレパートリーに入った。
・本いい? これいい? などだったのが、「ほん よんでいい?」「これ たべていい?」「ここ すわっていい?」と動詞が入るようになった。

あと、相手を気遣う言葉が出て来始めた。
「だいじょうぶ?ゆっくりしーや」「それ もっとったろー」など。
「だいじょうぶ?ゆっくりしーや」は、珍しくバギーで帰っていた(奈良まで遠出したので、帰りの体力を考えて)ときに
息子の乗ったバギーを段差で持ち上げようとしたときに言われました・・・
そのあと「おもたかった?」とも。
相手の状況を推測する力、それを言葉にする力がついてきたように思います^^


他に印象的だった会話。



@“いっしょに”の使い方。後につけて言う。

(息子)プールはいったね
 ーうん、(先週の話やけど、そのときのことかな…?)プール行ったね
(息子)ちがう、プールはいってない
 ー今日は入ってないね 今日はもんじゃ焼きとお好み焼き食べたね(夜)
(息子)ううんちがう。食べてない
 ーえっじゃあ今日なに食べたん?
(息子)サンドイッチたべた
 ーあーサンドイッチ、食べたんやね(昼)たまごサンドね
(息子)たまごな、食べたねん。おとーさんとな、食べたねん、いっしょに

このときは、いっしょにをあとから付け足して言ったのもはじめてだったので
お!と思いましたが、会話自体もだいぶきちんと出来て感心しましたー(*^^*)


A相手に「寝ーや」(寝なよー)と言ってきた。笑

朝、起きたけど私がお腹痛くてまた横になったときのこと。
 ーお腹痛い
(息子)おなかいたい?
 ーうんお腹痛い…
(息子)寝ーや。しずかに寝ーや。
(ふすまを閉めて、向こう側で遊びはじめる)

だいたいは私がしんどくしてても他に遊び相手がいなければ構ってもらいたがるのですが、
なんかこのときは違いました。旦那の真似をしてるのかも。


こんな感じでずいぶん会話ができるようになってきました!
一方で、トンチンカンな受け答えや理解がまだまだ未熟やなーと感じることも多々あります。
ていうか、ほとんど!?笑

例えば、、
@聞き返しが多い。


(息子)これなあに?
 ーこれ?ホック。 
(息子)え?
 ーホック。
(息子)え?
 ーボタンみたいなやつ。
(息子)これなあに?
 ーボタン、みたいなやつ。
(息子)これなあに?
 ーホック。
(息子)ホック?
 ーそうー。ホック。

と、このくらいかかることも多いです。
これはホックという言葉を知らなかったので時間がかかったのかなと思いきや、
知らない言葉でも2回くらい聞き返しただけでOKになることもあれば
普段から使ってる用語なのに
何回も何回も聞き返してくることもあり。
(息子)これさかな?
 ーうん
(息子)これさかな?
 ーうん
(息子)これさかな?
 ーうん、さかな。
(息子)これさかな?
 ーさかなやってば。
(息子)さかな?これさかな?
 ーさかな。
(息子)さかなかーい!
的なことも、、
こんなかんじで分かってることも何回も聞き返してこられると、急いでるときは若干(-_-;)イラッときてしまうことも。。


それから
A文章の全部を解釈せず、文章のなかの特定のワードを拾って受け答えする。
これは幼児みんなあると思うけど、やさしい会話で的確に拾えるかな?というようなものもまだ不安定。
例えば、
朝、保育園にいきながら
 ーさっき、朝ごはん、何食べた?
(息子)うーん、カレー。(実際はこの日はごはんとお味噌汁とおかず)
 ーカレー?カレー食べたん?
(息子)ううん
 ー今日何食べた、さっき?
(息子)ソフトクリーム
 ーソフトクリーム食べたん?(食べてねぇ〜)
(息子)ううん、ソフトクリーム食べたい
 ー食べたいものの話かよ(笑) 

ってなこと。
食べる、というワードに反応して言ってるんでしょうね。

ま、このあたりはとくに追求せず、私もそっから拡がる話を楽しんでます。
とんでもない方向に話がいくからこそ笑わかしてもらってる部分もようけあります。

逆に、息子を説得しなければいけないときは苦労することもあります。


こんな感じで他にも初めて聞くなーって言い回しは時々あり、そんな言い方もできるようになったんや!と感心したり、トンチンカンな受け答えもそれはそれで面白く、言葉の芽がどんどんどんどん伸びていっているのでした。
関西弁っぽく
「なー」とか「するねん」とか言いはじめたのは保育園に入って1〜2ヶ月後だったかと思うけど
言語の先生いわく、方言が出てきたるのは輪の中でうまくコミュニケーションをとってる証拠だそうです(*^^*)
良かった良かったー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。いつも励みにさせていただいてます。我が家のしーちゃんも-21端部欠失です。同じように日常的な医療は必要としてませんがやはり成長はユックリの為、先輩の成長を見て励みにさせていただいてます。特に発語や運動能力の成長はフムフムと嬉しく読ませていただいてます。お互い子育て、頑張りましょー!!
カラ
2016/01/08 00:16
カラさま

お久しぶりです!またお越しいただけてとても嬉しいです( 〃▽〃)
こんなブログを参考にしていただけるのはなんだか申し訳ない気もしますが、ありがとうございます!

日常的な医療行為が必要ないのは、やはりありがたいことですよね。

娘さん可愛いでしょうね〜(*´-`)
これからもすくすくと伸びていかれますように!
mima
2016/01/12 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月の言語の発達。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる