お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 就学までの道のり 5.支援学級見学会(校区の学校)

<<   作成日時 : 2016/07/06 22:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ校区の小学校の見学会がやってきました。
校区外の選択校の見学は終わったものの、やはり行きたいのは近い方。

校区の小学校か支援学校への就学。の2択だと考えていたので
主人にも会社を休んで一緒に来てもらいました。

校区の小学校の見学会、懇談会を終えた率直な感想は

”選択校のほうが良かったなぁ・・”


校区の小学校のよい点。
・支援学級の教室が1〜3年生と低学年だけで1部屋使える。
・家から近い。

選択校のよい点。
・支援学級も通常学級も、1年生のうちはすべて1階ですむ。
・支援学級のメインの教室に畳スペースがあり、しんどくなったときなどすぐに休むことができる。
・ほとんど支援学級で過ごしている子もおり、支援学級の使い方は十人十色なので誰でもウェルカムという雰囲気。
・校長先生の雰囲気がよい。


校区の小学校の気になる点。
・1〜3年生の支援学級の教室は2階なので、1年生の間は1階と2階とを行ったり来たりする必要がある。
・国語と算数は支援学級で受けていてもほかの科目は通常学級で受けている子が多く、ほとんどを支援学級で過ごしている子はいない。そのような子でもウェルカムという雰囲気があまり感じられない。
・校長先生に覇気がない。

選択校の気になる点。
・校区外のため集団登校不可で送り迎え必須。


保育園選びのとき、何よりも
「子どもを受け入れてくれる雰囲気があるか」を大事にして選んできた。
小学校に関しては、あれこれ条件や細かいところを抜きにしても
そういう雰囲気みたいなものは
正直なところ校区外の学校のほうが圧倒的によく感じた。

余計に迷いが生じる見学会となったけれど、
印象ってそのときの参加者の雰囲気によっても変わるし
居合わせた先生によっても変わるし
いろーんな要素で左右されるものだから、
また秋の見学会にも参加してもう一度確かめようと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
就学までの道のり 5.支援学級見学会(校区の学校) お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる