お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 就学までの道のり 7.デイサービス説明会

<<   作成日時 : 2016/07/14 17:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1回目の学校見学会がすべて終わったタイミングで、
市の福祉相談員の先生からデイサービスについての説明会。

放課後の過ごし方は
もし支援学校に行ったら地域とのかかわりを保つために学童がいいな〜と考えていたけれど
地域の学校に行かせることにしたし、とりあえずデイを利用してみようと思う。
途中でやめることもできるし、学校と違って6年間の道を決定してしまうわけではないしね!

療育施設にいたときは ほかにもいろんな障害の子がいて
いろんな子が周りにいるのがあたりまえで、それを受け入れていた息子。
でも保育園に入って健常児に囲まれるようになってから、
療育施設に行ったりほかの場面で障害のある人に出会ったときに
未知のものを見るような目でじぃっとみつめることが増えてきた。
息子に差別心はない。でも冷たい目でじぃっとみる。
それが気になってた。
息子も、健常の子からそういう目で見られることがある。
もちろん相手に差別心はないけれど、そういう目を向けられて、息子がうれしそうかというとそうではない。
息子には障害がある。でも、ほかの障害がある人もいることを広く知ってほしいし
いろんな人がいること、そのなかで生きることを覚えてほしい。
みつめてはいけないとかそういうことではなく、「知る」。
デイがそんな場になってほしい。
息子は、いろんな人がいるなかで生きていくことになるのだから。


毎日利用するつもりはないし、4月5月は家でゆっくりとも思っているけれど
見学は早めにしておかないと・・。
訓練のようなことをやってくれるところ、おうちのような雰囲気のところ・・
福祉相談員の先生はほとんどのデイを知っているので
それぞれの特徴なども教えてくれた。
いくつか私だけで見学して候補を絞ってから息子と行って子どもに選ばせるのもいいなと。

まあ、、、、、

デイを決めるまえに学校決めんといかんけどね!!



しかし、
1回目の学校見学会がすべて終わり、
訓練に行ったり 発達検査受けたりするたびに
先生みんなに就学について聞かれるようになった。

現時点で就学先はどこを考えているのか。
それはなぜなのか。
見学してみて学校に違いはあったか。
どのように違っていたか。
放課後の過ごし方はどう考えているのか。
私の仕事はどのくらいの頻度なのか。
など。

1回1回同じことを説明する。

説明しながら
こちらの気持ちも整理できたり
覚悟ができたり
また逆にホントにこれでいいのかな?と怖くなったりも。

療育施設の先生や市の先生が
ひとりひとりを気にかけ、ひとりひとりの進路
親の葛藤、状況などを報告するチャンスをくれている。

支援者とつながっていることはとても心強く、
いつでも相談ができる安心感もある。

いまはいろいろと迷っている時期だけれど
息子の将来のことを考えるのはけっこう楽しい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
就学までの道のり 7.デイサービス説明会 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる