お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 就学までの道のり 24.入学説明会

<<   作成日時 : 2017/02/13 20:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先週届いたハガキについてある就学届を提出するのが入学説明会。
しかしその就学届には、「指定校変更の申し立てができます。こちらまで」と案内が書かれてある。
就学先希望は11月下旬が締め切りでそれに伴って校区の学校でと提出していたが、”申し立てができる”の文字を見て「もしかしたらまだ覆せるかも。本気で選択校がいいと思うなら最後のチャンスだ」と思い、さらにさんざん悩みました。
しかもその申し立ての文字を見つけたのが入学説明会の前日で。
結局は素直に就学届を持って説明会に出向いたのですが、その晩、どーしよどーしよ本当にどうしようとなって
もう自分の父親に相談しようかなとすら思ったよね。笑
親に相談なんて、基本したことないからね。
でもmixiでつぶやいたら私の焦りを察してくれた友人たちが親身に・・・。泣ける。
ほんとありがたかったです。

結局、校区を選んだままで入学説明会に行ってみて
よかったなと思いました。

なんでかというと、説明会後の面談でやっとはじめて(!)
「あ、大丈夫そう。」と思えたからです。

面談は個人的にアポイントをとっていました。

PT(理学療法)の先生から息子の座位が安定するように椅子を調整しないといけないと言われており、そのために学校で使う椅子の高さを測らせてもらいたかったのと、
画像

(これは訓練のときの見本)
口蓋プレートの件で相談させてほしいこともあったからです。

説明会のあと面談にうかがうと、なんと支援級の先生が全員でお話を聞いてくださいました。
「来年度の異動がまだわからないので、できるだけ多くの人数で聞いていたほうが取りこぼしもないと思うので^^」と真剣に。
こちらが伝えなくてはいけないことはわずかだったのですがそれ以上に質問をしてくださったり、メモもたくさん取られていました。

終始和気あいあいとした雰囲気で
息子の排泄面のことや数の認識など弱い面も挙げたのですが、そのあたりは慣れているようで安心しましたし
「ひらがな読める!?自分の名前が書ける!?めちゃくちゃ優秀やん〜!」
息子のサポートについても「余裕やな」と先生同士でおっしゃったり
口蓋プレートの件でもとても前向きな話をしてくださったりで

なんか、これまで見学や面談を重ねたときの雰囲気と違う
というか。
入学が決まったら先生の熱量も変わるのかな・・?
というか。

とにかく
心配がかなり吹き飛んで
「あ、息子を受け入れてくれようとしている。迎えようとしてくれている。」
と感じられました。

ここで大丈夫そう!と思えたのが入学説明会の日だなんて
かなり遅いけど
でも先生たちしっかりサポートしてくださいそうだし
同じ保育園の子もたくさんいるので
春からの生活を前向きに待とうという気持ちになりました^^

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
就学までの道のり 24.入学説明会 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる