お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園への思い。

<<   作成日時 : 2017/03/28 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、保育園の卒園式を終えました。

2年前。療育施設を出て保育園に入ること、本当に悩みました。最後の1年間は保育園にと考えていたけれど、1年早いこのタイミングで出ていいのか。

活動についていけずに息子の自信がそがれてしまわないか。
発音を批判されて喋ることがキライになってしまわないか。
歌うなとか言われて歌がキライになってしまわないか。

保育園での活動は息子にとっては背伸びしたものが多く、困難を感じることもあったようです。
でも思い詰めたり登園がイヤになることもなく、お休みの日でも「ほいくえん行きたい」と言うくらい楽しんだ保育園生活。

喋ることも大好きやし、伝わらんかっても諦めずに何回も伝え直してきます。
音の飛ばしや不明瞭さがあっても歌も大好き。大きな声で歌います。

それって周りのお友だちが息子を認めて、存在を受け入れてくれたからだと思うのです。

入園してから半年ほどは見た目や発音のことに、子どもたちから「なんで?なんで?」の疑問も多かった。送り迎えのときに聞かれれば私が答えていたし、先生も口唇裂の絵本『チーちゃんのくち』を何度も子どもたちに読んでくれました。

丁寧な先生の説明があったから子どもたちは理解してくれました。
いまでも、「○ーちゃん(息子の愛称)はお腹のなかでつながらんかったから、おくち治してもらってるんやろ。ボクはうまくつながったからココに線あるー」と言われたりします。
保育園生だけど、とてもしっかり理解してくれています。スゴいよね。

訓練で早迎えに行くとお友だちが「なんできょうおむかえ早いん?」と聞いてきて、「今日はね、"くんれん"行くんよ。お喋りがあんまり上手じゃないやろ?やから、上手になるように練習に行くんよ」と伝えると、翌日に「おはよう!○ーちゃん、お喋り上手になった?」と言われたときは参りましたが(笑)

園長先生は、「○ーちゃんも成長できたと思うし、周りの子も○ーちゃんのおかげで成長できたと思います」とおっしゃってくださいました。

そして加配の先生。
入園前は、息子と加配の先生がうまくやれるか?というのも心配のひとつでした。
福祉施設の職員とは違って、保育園の先生は障害児のお世話をしたくて保育士になっているわけではありません。
加配にされて、障害のある子につきっきりの日々。
クラスになじめず別室で毎日二人きりの保育になってしまう子もいるようで、加配の先生自身が精神的に追い詰められたり支援に行き詰まることもあると聞きます。
息子はこだわりや特性が強いほうではないけれど、やっぱり心配はありました。

息子には保育園生活を楽しんでほしい、だから加配の先生にも笑顔でいてほしい、どうか息子と過ごすことが苦痛でありませんように……と願っていました。

そんな心配も取り越し苦労で、加配の先生は息子をとても可愛がってくださいました。かわいい、かわいいと何度も仰ってくれ、少しの成長をも喜ぶ連絡ノートの記載がたくさんでした。
先生のその気持ちがどんなに嬉しかったことか。

支援に関しても、手助けをしつつ離れたところで見守ったりと、息子が求めている支援といま息子に必要な支援とを常に考えながら接してくださっていました。

年長の5歳児になって竹馬、和太鼓…難しい取り組みが増えてきたけれど、それも先生や周りの子のおかげでやりきったと思います。
運動会も発表会も、先生がすぐに駆けつけられる位置に配置してくださったり、段差から降りるときは手繋ぎ介助をしてくれるお友だちを決めていてくださったり。


療育施設の先生はまだ自己主張がし切れない息子を「自分を出せるようになるか」と心配してくださっていましたが、保育園に入ってからのほうが主張も増えました。
周りの子を見て自分も思いきりはじけたり、「自分もやりたい!自分もほしい!」と言えるようになったり…。療育施設のように先生がたくさんいるわけではなくて子どもたちに囲まれた生活でしたが、だからこその良さがあったと思います。


本当に、この保育園を選んで良かった!


先生にも、お友だちにも、感謝の気持ちでいっぱいです。
とても迷いましたが、お世話になった先生4人には私からもお手紙をお渡ししました。手紙を読まれたあと、そんなふうにお母さんが思ってくれていたとは知らなかったと言われたり、加配の先生からは「お母さんがそうやって人のことも考えているから、○ーちゃんが優しく育ってるんですね」なんて勿体ないお言葉をいただいたり…。いやいや、私は人のことを考えているというか、やっぱりそれは巡りめぐって息子にとっていい環境を整えたいということに繋がり、つまりは自分のことを考えているんだよなと思いましたが…。

でも伝えて良かったと思いました。
手をかけていただいたぶん、その支援が保護者まできちんと届いていますよ、感謝しています、という意思表示はこちらが意図的にしないとやっぱり伝わらない。

そしてクラスのみんなやお母さん方への感謝の気持ち。……それはどうやって伝えたらいいのかわからなくて、悩み中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園への思い。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる