お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 退院!

<<   作成日時 : 2011/02/19 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

意外と長かった7泊8日の入院を経て、昨日夕方に子どもは無事に退院しましたV(^-^)V

いろんな方が心配してくださり、感謝感謝です(^_^)v

39〜40℃の熱が3日以上続き、いつになくグッタリしている息子を初めて見ました(・_・;)

今だからグッタリした姿も可愛かった♪とか言えるけど、高熱がこんなに続いて脳がやられるんじゃないかとか、本当に心配でした。

結果的には後遺症どころか、入院前よりも一回り成長して退院しました(・ω・;)

入院していると1日のうちで何人もの看護師さんが子どもの具合を見に来てくれたり、目を見て話してくれたりするので、子どもも刺激を受けているようでした。

狭いスペースの中なので私もつねに見えるところにいるし、お世話や遊びにつきっきり。夜もとなりで添い寝だから、目を開けるとすぐ見える。
(家では、ずっと一緒には居るけど、別の部屋で用事をしている間泣かせていることも多かった。寝る時は希望的に添い寝ではなく別々の布団、隣ではあるけれども子どもから私の顔は見えない構図)


高熱そして点滴によるむくみ(?)があった時は大変そうでしたが、最後の4日間ほどは穏やかで過ごしやすそうな顔をしていました。

私も時々雑誌を読むくらいで、ずっと子どもの近くにいて読み聞かせをしたり遊んだり…すごく幸せな時間を過ごせました。

家でも大したことをしているわけではないのに、要領が悪いのかな、よく泣かせてしまっていたので反省しました。

ちょうど読んでいた雑誌に「赤ちゃんの頃に泣いたらすぐにかまってもらえた子ほど、信頼と安心感に満ち、結果的にはあまり泣かなくなる」って書いてありました。
入院中がまさにそうだったので、長いスパンで見ても同じことが言えるのかもしれない。

とにかく色々と子どもにとっては良かったようで、モノに自分から手を伸ばしたりする積極性も増し、脚の動きも更に激しくなり、若干ながら背中の筋肉もついてきたかな?という感じもあり、笑顔も増え、手のコントロールもまた1つランクアップしてお腹を掻けるようになり………と、沢山の成長を見せました。

たった一週間なのに驚き。
一応大人である私も、外に出たり人と話すと脳が動くのを感じるくらいだから、赤ちゃんはもっと顕著なのかもしれないなぁ。

入院以外でも、ほかのママさんや赤ちゃんと触れ合える機会を作ってあげてみたいな。

では!
朝からちょっとずつちょっとずつ合間に書いた日記なので、文脈が繋がっていないかもしれませんが…。

退院しましたという日記でした(^_^)v

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
退院おめでとう
入院するくらいだったから大変だったとは思うけど
無事退院できてよかった〜。
入院しているときにたくさんの刺激を受けたとは言え
きっとおうちに帰ってこれて安心してるんじゃないかな
akane
2011/02/19 22:47
ありがとうございます〜〜
安心してるんでしょうかネェ・・笑
キレイな看護師さんにいっぱい可愛がってもらったから、
病院が恋しかったりして
mima
2011/02/20 14:34
へー!子どもって凄いね〜(^O^)
そういう経験を経てどんどん成長していくんだろうね。
えにゅっぽりん
2011/02/21 19:50
0歳児の脳ってすごいみたいです!
たとえばシナプスの量は生後3カ月をピークとして、だんだん下がっていってしまいますが、4歳でもまだ大人よりも多いとか。処理、整理は大人のほうが「慣れ」ているのかもしれませんが、「認識」力は赤ちゃんすごいのかなって思います。
昔は「赤ちゃん」=な「何も分かっていない」みたいに言われていたけど、今は多くの研究が進んで、とくに0歳児の感情、認知などなどが見直されているようです。
詳しくは分からないですけど・・・
記事を読んでいたら面白いです^^
そんな存在が身近にいて、ありがたいというか、勿体ないというか・・・。
mima
2011/02/22 15:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
退院! お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる