お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての保育参観。

<<   作成日時 : 2015/05/09 13:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

一歳直前でやっと寝返りをし、成長が遅く、染色体異常もあるとわかったときから
息子は健常児ではないのだから、ゆっくりと息子のペースで育っていくのだろうと思っていた。

大人になるまでに平仮名と数字ぐらいは読めるようになっていればいいな、ぐらいの目標が現実的だと思っていたから、私自身も焦ることなくここまで来れた。

今日は保育園に入って初めての保育参観。
もともと、みんなと同じようには出来ないと思っていたし、同じようにできることに価値を見出だすつもりはなかった。

療育施設の最後の懇談でも言ったのだけど、
出来ることが増えるのはもちろん嬉しい。でも、出来ることが増えなくてもいい。
息子がこれからも笑顔をたやさず、生き生きと明るく過ごしてくれることが第一。
そう思っていた。

でも、今日の保育参観で目にする息子は、
時々手助けはもらうもののほとんどみんなと同じように活動に取り組めている。
特に場を乱すこともなく。
それに嬉しくもなる私。

保育園に入ってから、お迎えの時間に少し息子の姿が見れることもあり、
みんなと同じように⭕⭕やってたんよー!と何度主人に報告したか。
もちろん嬉しくて報告しているのだけど、それを喜んでいる自分にどこかで引っ掛かりもあった。

引っ掛かりの正体がやっと今日わかった。

私は、息子に「できること」「ちゃんとすること」を求めてしまうようになることが怖いんだ。
療育施設の考え方は、保育園とはまた違う。
集団の中で学ぶのは、きちんとすることではなく、自分の思いを出せるようになること。
そして身辺自立。

保育園は小さな学校。療育施設よりもっと細かなルールがある。

先生の言うことを聞いて、指示されたとおりにやっている。
息子はそれを楽しんでいる。

ただ療育施設にいたときには考えられなかったくらい
「できちゃってる」から。
思ったよりずっと、みんなについていけていたから。
みんなと同じように活動できることを
できて当たり前。頑張って当たり前。と私が思ってしまわないように…
息子が できない!とイヤになったとき、
出来んでもいーよ。と受け止めてあげられるように
考え方を保っていかなきゃなと自戒した保育参観でした。

ま、言語面や運動面は心配しなくても(?)だいぶ遅れがあるから、
追い付かなくて当たり前〜とのんびり構えられるけどね。 

出来ることが増えて、息子自身が嬉しそう。
みんなと活動できることを、息子自身が楽しんでいる。

それだけを喜びにして、見守っていかなくてはΨ( ̄∇ ̄)Ψ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウチも21-ですが、保育園頑張って通ってます!
お互い頑張りましょう!
kara
2015/05/20 14:34
karaさま
お久しぶりです!娘さん、2歳ぐらいでしょうか
経過良好でしたら良いです^^
保育園に通われているんですね!
楽しみつつ通わせましょうね^^
mima
2015/05/21 20:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初めての保育参観。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる