お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族と舞台で楽しかったクリスマス。

<<   作成日時 : 2015/12/27 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年も残すところあとわずか。
子どもが生まれて5年が経っていますが、
今年ははじめて"家族でクリスマスを過ごすってこんな感じなんだ"
と思いました。

というのも成長がゆっくりな息子は
今までクリスマスにはしゃぐこともなければ
サンタさんがどうこう言うこともなく…。

でも今年ははじめて、クリスマスなんだ!サンタさんやツリーがある。
という、具体的なイメージができたようでした。
いろんなところで目にするキラキラしたツリーを見るたび
「クリスマスあるネ」「きれいネ」と言う息子。
ショッピングモールでサンタさんに出会ったことを
何度も「サンタさん、リンリンリンした」と回想する息子。
ひとつひとつにワクワクしているのが見えて、
私も楽しかったです。

まだ、クリスマスがどういう日なのかは分かっていないし
クリスマスが終わったというのもピンときていないみたいやけどね。
うちにある飾りを片付けてたら、「サンタさんバイバイ?またあした?」なんて聞いてきてたし。

それでも、サンタさんがプレゼントをくれたことは分かっているようで
「サンタさん、くれたね。おみやげ」って。

子どもと一緒にワクワクを共有してる気分で、
今年のクリスマスは本当に楽しかったなぁ。


そしてママバンドのクリスマスコンサート。
ちゃんとした練習をしたのが1週間前でどうなることかと思ったけれど
これもまた楽しく終わった。

でも、肝心なセリフを飛ばしてしまって…。
終わったときは
あー、飛ばしちゃったぁぁ、、
ぐらいにしか思ってなかったけれど

あとで思い返してみたら
とても重要なセリフだった。
私が飛ばしてしまったから、うまく意図が伝わらなかったかも
と思うと、反省。

それと、お仕事でダンス関係の研修に行くようになってから
いままでと比べてその場での対応が少しは冷静にできるようになったと思っていたけど、
やっぱりまだまだ全然だったな…と思った場面も。

少し前の本番で、幼稚園でしたときは自分の成長も感じられたんだけど。
やっぱり、大きな舞台は舞い上がってしまう。
でも、これからまた少しずつ場数を踏んで出来るようになっていきたいな。

お芝居も下手で…
ママバンドに入って最初の1年ぐらいはただ必死で
あんまりそんな自覚すら持てなかったけど、
最近はとくに、練習でセリフを読むだけでも自分で自分に嫌悪感が。
自分の発するイントネーションも、発声も、すべてが気に入らず
こんなふうにできたらというイメージはあるのにそれに程遠く、
また近づくための方法もわからない。
それで自分のセリフを自分で聞くだけでげんなりしてしまいます。

クリスマスコンサートの本番でも、1発目のセリフがもう自分で
うわっ、下手
と思ってしまって自分がいやになっちゃった。
でも、客観的に見れはじめたってことかな?とプラスに捉えるようにします。

あとは…ダンスの課題。
ありがたいことにクリスマスコンサートではタップをやらせていただけて、
とっても嬉しいのだけど…スキルが追い付かない。
自分の出番の一番最初に入ることが多いので、
身体が温まってないうえに緊張で固まっていて、
脚がふるえます。。
リズムもずれるし、毎回タップはうまくいかない。 
すごく悔しいです。

他のダンスについても、最近は自分の踊っている練習動画を見るのも
嫌悪感が出てきてしまっています。
リズムを早どりしていたり、ふにゃふにゃだったり…。

若い頃と比べて
ダンスのレッスンにも行っていないし
うまくできなくなっているのは仕方ないのだけど。

ただ、年に一回ほど帰省して
地元のスタジオでレッスンを受けると
そのときは鏡で見てもそこまでの嫌悪感はない。

ようは、レッスンでは先生の力で引き出してもらえるけど
自分では自分で魅力的に踊れない
ってことだと思う。

長年ダンスをやってきたのに、
引き出してもらうこと ついていくこと たしかな目標があること
その状態でしか踊れなくて、
自分でよい踊りを作っていくことができない。
細かく指導されないと、気持ちよくきまる角度もわからないし
どう踊ったら魅力的にみえるのかもわからない。

ずっと「習ってきた」から、自分で踊る力がないんだなと気づきました。
でも、もうそろそろそういう力をつけないとね。
今は、正直自分の踊りを見てて、カッコ悪いな、微妙だなと思いながら
ほんとはもっとカッコよく、魅力的に踊れるのに…って思ってます。
レッスンしてもらったらできるのに。って。

でも、習いつづけるお金はないし、
これからは自分でできる力をつけないと…
これも、今後の課題が見つかったと思えば良かったかな。
踊って!と言われて、タップであろうが他のダンスであろうが、
すぐに素敵に踊れるような力をつけたい。
思ってみれば、ママバンドの役者さんはみんな
やろうと思えばすぐ歌が歌える。お芝居ができる。
何かしら自分の力がある。
私だけ、何もないなってことに気がついたんだよね。
でも決してマイナスの意味ではなく。落ち込んでいるわけでもなく。
ただ気づいたということ。

どうすればいいのかは…わからないけどね。

色々と課題が見つかって
来年に向かっていくにはよい締めになりました。
来年、また成長していたいな!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
家族と舞台で楽しかったクリスマス。 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる