お ぼ ろ 月 の 楽 屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 就学までの道のり 16.放課後デイ見学

<<   作成日時 : 2016/12/07 10:57   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

学校が決まったことで先月下旬からやっとデイサービスの見学をはじめられた。
ようやくここまで来て本当に安堵・・。

いま住んでいる地域で子どものデイサービスを実施している事業所は約20カ所。
医療ケアが必要な子どもたち主体のところなど、対象外の事業所もあるので検討するのはもう少し絞られるが。
さらに市内以外でも近隣の地域のデイを検討してもOKとのことで(理由は割愛)選択肢は幅広く、見学するにしてもまずどこからすればよいのか分からなかったため、市の福祉相談員の先生に相談。
この先生、めちゃくちゃ詳しくて・・・
私も療育施設時代からとってもお世話になっている先生。

んでいくつか候補を絞ったうえで現在のところ見学は2カ所、3回目が終わったところ。


このあいだ見学したデイは療育施設時代に同じクラスだったお友だちが3人も!
さらに近所の顔見知りの子や、選択校に見学に行ったときにいた子がいたりと
ほとんどの子が息子を知ってくれているというびっくりな編成。

見学に行く道中、自転車をこぎながら
「◯◯くん、ひひゃぶりー?」「◯◯くん、ひひゃぶりねー」
と言ってくる息子。
え?なに?ひひゃぶり??と聞き返す私。
私「あっ。”ひさしぶり”?」
子「うん。そう。ひひゃぶり。◯◯くんひひゃぶり〜」
と久しぶりに会えるのを楽しみにしていた。

・・・見通しや時系列の意識が持てるようになったなー!!としみじみ。
ひさしぶりっていう感覚が持てるようになったなんて!!

その男の子とは約1年ぶりくらいの再会だったんだけど
もう一人、療育施設を退園してからほぼ2年会ってなかった女の子が。
2年前というと、息子は4歳。
4歳やったけど、当然発達年齢はさらに幼かったわけで・・覚えてないかな?と思ってたんだけど。
じー・・・っとけげんな表情でその子の顔を覗き込んで、2秒3秒・・・
「・・・ア!!」とひらめき、笑みがこぼれた。
その瞬間を見逃しませんでしたよー。うれしかったなぁ。

療育施設に通ってた、っていうことを息子が言いだしたのは保育園に行きはじめてからで
実際通っているときはあんまりハッキリ認識していなかったのかなと思ってたけど
2年間いっしょに過ごした思い出は脳のどこかにきちんと刻まれているんだろうな。



デイの特色もさまざまで身辺自立に重きをおいているところや、取り組みの多いところ、訓練のようなことをしてくれるところ、何もせずただのんびり好きなことをして過ごすところ・・。

できることを自分でする。というのはとても重要なことで、障害児だからとなんでもしてあげていては将来の自立につながらない。だからそのあたりを促してくれるところはとてもありがたいのだけど、ただでさえ”がんばる”小学校生活。いやなことがあっても・・・もし学校がいやになったとしても・・・デイが逃げ場になるような、何のがんばりもいらず気を抜けるような、そんな事業所でもいいかもと思っている。

まだどこにするかは決めていないので、ぽつぽつと見学の予定を組もう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
就学までの道のり 16.放課後デイ見学 お ぼ ろ 月 の 楽 屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる